TRIZ/USITの創造性工学研究所代表 三原祐治の紹介

 創造性工学研究所代表の紹介

創造性工学研究所 代表取締役 三原 祐治
TRIZは今までの優れた特許をベースにして課題解決のアイデアを生み出す方法です。
創造性工学研究所は、TRIZおよびその実践手法USITの普及・利用を推進します。
                

創造性工学研究所 代表 三原祐治について

略歴

 1971年北海道大学大学院化学専攻修士課程修了。
同年富士写真フイルム株式会社に入社、同社足柄研究所にて基礎研究,商品開発,ネットワーク管理およびTRIZ/USITの普及を担当後、人材開発センターでTRIZの普及・教育を担当。  同社を定年退職後(株)創造性工学研究所を設立。  
 TRIZを1998年に学び, 2000年より全社内でTRIZ及びUSITの教育&普及活動を行うとともに、TRIZ/USITの適用プロジェクトを推進。  
2000年と2002年度の三菱総合研究所知識創造研究会創造手法分科会主査。
日本TRIZ協議会副代表。日本TRIZ協会設立と同時に副理事長に就任。現在理事長。
第1回(2005年)~第11回(2015年)日本TRIZシンポジウム実行委員長。
(学)産能大学 兼任講師。

現在  (株)創造性工学研究所 代表取締役
      NPO法人 日本TRIZ協会 理事長  他    

主な著書:「革新的課題解決法」共著(長田洋編著、日科技連.2011年)
      「思考停止企業」共著(JECS協議会著、ダイヤモンド社,2005年)
      「Infrared Absorbing Dyes」共著(M.Matsuoka編、Plenum社(N.Y), 1990年)
      主な著書・論文 一覧